読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

井出卓也くんのファンをしています。

俳優でありタレントでありアーティストである、井出卓也くんのファンが職業()なただのOL の活動日記。

わたしの好きな ココア男。 について

アメブロからの移行記事+a】

 

わたしのファン歴からして、井出さんを語る上で絶対的に欠かせないのが ココア男。 というバンドだと思う。

 

《ココア男。》
リーダー&ボーカル 鎌苅健太
ドラム 米原幸佑
ギター 鈴木勝吾
ベース 細貝圭
キーボード&ラップ 井出卓也

 

この5人で結成されたバンドのこと。
もともとは番組の企画バンドでしたが、他メンバーが既に人気の高い俳優として活躍していたため、お披露目は大々的。
3月15日大阪のBIGCATというライブハウスで行われ、その様子が結成のきっかけとなった「イケメンデルの法則」の最終回にて放送されました。

 

このお披露目の時の井出さんが中々にぶっ飛んでて普通に面白い。そして鎌苅さんと米原さんのキス芸人っぷり。ほんとうにかっこいい人たちの集まりだったのに、どこかみんな抜けてて、それが面白くて可愛くて、わたしにとってそんなグループだった。ココア男。は。

 

※ちなみにココア男。の『。』はモーニング娘。の『。』じゃなくて、ほっしゃん。的な『。』です※

 

 2010年4月14日にデビューシングル「甘い罠 苦い嘘、、、」が発売。

 

 

甘い罠 苦い嘘、、、

甘い罠 苦い嘘、、、

 

 
オリコンデイリーチャート10位、ウィークリーチャート15位を記録。

 MVは、ほぼ初めましてなレベルで撮影されたらしいが、さすが俳優たちの集まり(当時の井出さんはちょっと違うけど)、仲良し感が出てるのがすごい。

あとケーキ作るところで井出さんがココアを出来上がったケーキにぶっかけるところがさすがとしか言えない。

え?俺なんかやった?って顔とそれ見て笑う勝吾とけんけんが面白い。

ああ、井出さんは井出さんだなぁ、と。年上ばっかりの現場で、かわいくて生意気な年下をやる姿がとても可愛くてだいすきだった。

 

 7月14日 関西テレビにて5人が主演するドラマ「へヴンズ・ロック」が放映。

  

ヘヴンズ・ロック~Heaven’s Rock~ [DVD]

ヘヴンズ・ロック~Heaven’s Rock~ [DVD]

 

 
またそれに合わせ、ドラマ主題歌/挿入歌として
9月15日に2ndシングル「Let me free~強引なほど、、、」「CROSS MIND」を発売

 

 

Let me free ?強引なほど、、、/CROSS MIND【ジャケットA】

Let me free ?強引なほど、、、/CROSS MIND【ジャケットA】

 

 

井出さんが、Rapを入れた曲。

 

元々1stシングルで終わるとされていたココア男。が終わらずに続いた時、2ndで井出さんが【やりたい】と手を挙げて入れたのが、今や井出さんにイコールで紐づくいわゆる【井出Rap】だった。
 
忘れもしないお披露目の日、ココア男。が当時関テレでもっていたドラマ、Heaven's Rock でのエキストラとの撮影シーン。
そのRapが入った曲である、let me free〜強引なほど、、、を披露した。
 
キーボードだった井出さんが、マイク持って前に出てくる姿に驚きを隠せなくて、え?ってなってるなか歌いだす井出さん。
 
は?????は??
かっっっっこいい、、!!
わたしの脳内はそればっかりだった。
 
なんでRap?!え?!!?!
そう思ってたところで、井出さんがやりたいと手を挙げたことを知った。
なんじゃそりゃかっこよすぎるだろ。やりたいことをストレートに表現して、そのチャンス掴むとか、なんなのこの人やっぱり面白い。ってそう思った2ndシングル。


そしてそのシングルのリリースイベントにて12月に発売されるアルバムのは位置決めのくじびきを行い、最終日の川崎ラゾーナにて位置が決定された。

 加点式だったのに最後のラゾーナがどんでん返しすぎて分かりやすく芸人すぎて面白かったです、、笑

 

12月1日初のミニアルバムである「RICH COCOA」を発売。
上記ミニアルバムをひっさげて、コカ・コーラ男。などの活躍の場を広げる。

 

 

RICHCOCOA(DVD付)【ジャケットA】

RICHCOCOA(DVD付)【ジャケットA】

 

 

RICH COCOAではボーカルの鎌苅さんが作詞した Rebirthという曲がある。

井出さんがRapを入れ、そのリリックを自分で書いていることに触発された鎌苅さんが作詞をした曲。とにかく、心愛女から絶大的な人気のある曲。

鎌苅さんの歌詞が本当にいい。とても。それに合わせてMVのかっこよさ。

井出さんのRapのリリックも最高。鎌苅さんと井出さんだから出来たものだって、そう思う。このRebirthは。とにかく強い思いと、それを表現するMVが素晴らしい。ライブでも盛り上がること間違い無いし、ココアの楽曲をファン投票した時も上位にランクインする曲。

 

12月5日になんばHatch
12月6日にShibuya O-EASTにて初のワンマンライブ
「ココア男。1stLIVE TOUR ホットココア一杯目~ヒリヒリしちゃえばいいんじゃない?」を行う。
この頃のライブはまだ持ち曲も少なく、メンバーによるカバー曲も多くあった。

 

いまだにメンバーの中でも話題(ネタ)ななる、細貝さんのバックストリートボーイズもここでのカバー曲。

井出さんは勝吾とやったキューティーハニー。なんだろう、若くて可愛くて下手くそだった。(笑)

 

2011年4月より2本のレギュラー番組スタート。
4月1日~  ログ×メン
4月21日~ MOTEL

 

 

ログ×メン -COCOAOTOKO。- Digest ver.

ログ×メン -COCOAOTOKO。- Digest ver.

 

 

 

 

もうなにも言うまい、ログメンの破茶滅茶加減と、MOTELのそこまでやる?!?ってところがとても面白かった。

とくにログメンに関しては、メンバーの雰囲気がよく分かる番組で、心愛女。(ココア男。のファンのこと)にとってはすごく楽しめた番組。あとネタも多い。井出さんの タンスに住み着く〜〜や、何かあると歌に逃げる()癖はログメンのおかげかと、、。

 

2011年5月11日に3rdシング「Soldier」を発売。
メンバーにとっての「気合が入る曲」「好きな曲」として有名。

 

 

Soldier / 「NO you ! NO life ! NO...xx ?」feat.Me

Soldier / 「NO you ! NO life ! NO...xx ?」feat.Me

 

 


カップリングにはmisonoとコラボし「NO you! NO life! NO...xx?」という男女の恋愛の曲がある。コラボ曲のため、なかなか聴くことが出来なかった貴重な曲。

 

またMVも、ラクーアでのリリースイベントで流れたっきり中々出回ることがなく、ラストアルバムでやっと円盤化した。

ちなみにこのMVの井出さんがわたしはしぬほどすきで、好きすぎて、なぜDVDにならないのか、と8ヶ月くらいずっとボヤいていた。からPREMIUM COCOAに入っていると知った時のわたしは多分すごい勢いだったと思う。

もう本当に可愛くて。可愛くて。井出Rapのリリックの可愛さと、井出さんの可愛さのマッチ具合と、なんか1人だけ可愛いにふられた衣装がSoldierの井出さんとのギャップが凄すぎて、、、やばい(語彙力)って感じです。

見たくなった人はぜひPREMIUM COCOA買ってください。。

 

8月10日に4thシングル「ハリキリ女神」が発売。

 

ハリキリ女神(DVD付)【ジャケットA】

ハリキリ女神(DVD付)【ジャケットA】

 

 


リリースイベントで各地を回る。

が、井出さんは初舞台のためリリースイベントは回らず。

元々ココア男。は俳優の集まりであったため、俳優の仕事が被ればそちらが優先であったため、とくにこのハリキリ女神の時期は、メンバーが限られていたことも多かったと思います。

 

そして、デイリーランキングで初の一桁である9位、最高位の7位を獲得。
リリースイベントの合間に日本テレビ「PON!」に参加し(久々の5人勢揃い!)、GoogleYahoo!共に検索ランキング1位を獲得し話題となった。
この夏曲を引っさげ、a-nation音霊などにも参加する。

 

ハリキリ女神の井出さんといえばわたしの中では ハリキリ女神コンテストというイベントで久しぶりにイベントに参加した井出さんが、サングラスにサインを入れ、それを冒頭投げたことが印象的。

数は何個くらいあったかな。10は無かったかな????

鎌苅さん米原さんに、お前だけそんなん仕込んでんの?!って言われた時に、『だって俺久しぶりだもん。俺のファンがこーすけ(米原さん)のファンになってたら嫌だもん』というニュアンスのことを返していた井出さんに、わたしはまたしてもノックアウト。

そういうところがとてもすき。そして、それを微笑ましく見てるメンバーがすきだった。

自由気ままに、やりたいようにやる井出卓也がとてもすきで、どんどんすきになっていった。

でもそれは、他のメンバーの優しさとか強さがあったからだって、わたしも今改めてそう思う。

 

12月5日 大事なお知らせが出るとの前情報を踏まえ公式サイトにて2012年3月を持って解散の発表がある。

 

いつの間にか「還る場所」となっていたココア男。でしたが、僕たち5人それぞれがさらに成長するための決断
として3月31日を持って解散するとの発表があった。

 

今思い出しても、あの時の記憶がとても鮮明にある。

分かっていたことだった。多分あの時の空気感とかで、みんな悟っていたことだった。でも、聞きたくなくて理解したくなくて、12/5の発表を見てみないと分からないから、なんて言いながら。

迎えた当日はやっぱり解散で。

寂しくて、1年と7ヶ月ちょいの楽しかった記憶が走馬灯のように流れていった。でもそれと同時に、俳優である彼らがここまでやってくれたことに感謝の気持ちがあった。

だから、最後まで楽しもうって決めた。

 

 

解散発表後
12月14日 5thシングル「さよならじゃなくて…?」を発売

 

 

さよならじゃなくて・・・ / 青春応歌(DVD付A)

さよならじゃなくて・・・ / 青春応歌(DVD付A)

 

 

歌詞がとにかく刺さる。MVはショートドラマのようになっていて、でもその物語というより、わたしたちがココア男。を応援して来た日々が強くリンクして、泣きそうになる曲。


カップリングにはメンバーの鎌苅健太・鈴木勝吾が出演する映画「Miss Boys」の主題歌である「青春応歌」が収録

 

さよならじゃなくて…? とはガラリと変わった応援歌。ライブで聴くのがすごく好きだった。楽しくて楽しくて楽しくて!メンバーみんなのパートがあって、ライブだとそこを卓也くんがみんなのところを回るんだ。それがすごく可愛くて。井出さんがみんなのこと好きなんだって、すごく伝わってくる曲だった。全力で手を振ったり、頭を振ったり、ニコーーって笑ったり、そんな卓也くんが見れるこの曲は、本当に元気になれる曲。

 

 

2012年1月11日

ラストアルバムである「PREMIUM COCOA」が発売

 

 

 

PREMIUN COCOA

PREMIUN COCOA

 

 

入っている曲がぜんぶいい曲すぎて困るってぐらいいい曲。

鎌苅さん作詞の ドリーマー

井出さん鎌苅さんの Style

勝吾の 青い花

鎌苅さん細貝さんの Smily Dayz

井出さん米原さん勝吾の ラブ★メーカー

 

誰がどれに関わったでしょー?って誰かのブログに書いてあって、みんなでラブ★メーカーは誰だよ?井出さん?米原さん??ってなってた記憶がある。正解は米原さんだったわけだけど…笑

みんなの個性が出たアルバムがこのPREMIUM COCOAだったな。

もともとバラバラな5人で個性的で、でもなんか知らないけど噛み合ってた。そんな不思議な5人。

その魅力が最大限に出ていたアルバムだった。

 

あ、Anniversary の関西弁バージョンも懐かしい。卓也くんに送ったら、え?ってなってお蔵入りになったもの。でも、鎌苅さんのバースデーで披露してくれて、それがなかなかの関西感強い歌詞で、おもわず笑った。でも、すごくけんけんらしくて素敵な歌詞だった。まぁ井出さんはNG出すと思うけど!(笑)

 

 

2012年1月14日 名古屋ELL
1月15日 なんばHatch
1月21日 SHIBUYA-AXにて2ndLIVE「ココア男。LIVE TOUR2012~君にプレミアムLOVE心愛」を行う

 

ライブハウスといえば、そりゃもう暑くなること考えて、軽装備が当たり前!な心愛女にとって、コートとか邪魔!だからもちろんロッカーイン!なわけだが寒くて寒くて泣きそうになった記憶。

名古屋は寒くて、大阪はまぁそこまでじゃなくて、東京は雨で寒くて。凍えるかと思った。本気で(笑)

 

ライブの内容は、うん。忘れられないものだ。初っ端のドリーマーから始まって、井出さんの『作戦終了』まで。

ココアが詰まったライブだった。

ココアの曲は、本当に基本すごくいい曲で(ヒリヒリは除きたい笑)、だからもうライブは本当に楽しかった。

盛り上がって盛り上がって盛り上がって盛り上がって!!!ってなったと思ったらバラードにいったり、楽しい楽しい!ってきたと思ったらStyleでバッチバチなのきたり、みんな俳優だから、魅せることがとても上手だった。ファンをのせることが上手だった。

そして何より、5人の楽しそうな姿が、嬉しくて楽しかった。

若くて可愛くて、自由で生意気で、かっこよくて、そんな井出卓也が詰まったライブだった。

 

 

3月14日 ラストシングルである6thシングル「軌跡~Time to go~」を発売
2年間の思い出が詰まった歌詞がとても印象的。

 

 

軌跡 ?Time to go?(DVD付A)

軌跡 ?Time to go?(DVD付A)

 

 

思い出しか詰まってない、そんな曲。

歌詞は鎌苅さん作詞。リリックはもちろん井出さん。

2年間の彼らが詰まっていて、あー楽しいだけじゃなかったんだよなー当たり前だけど。でも間違いなく楽しかったんだって、それが伝わる歌詞。リリックが優しくて。それがまた、グッと胸にくる。好きなところ抜粋したいところだけど、それすると全文になるから出来ない。ってそれくらいの曲。

 

カップリングの「ボニータ」には冒頭の歌詞に秘密があり、「イケメンデル」そして「えんどう豆」が入っていることが有名。

イケメンデルは、彼らが誕生した番組から。えんどう豆は、1stシングルのジャケットから。そんな遊びがされてる曲。


※ちなみにグループ名決定の際、ココア男。ともう一つ「メンデルズボーン」があった

 

最後の最後のカップリングにこれか!ってみんなで楽しくなれる曲。ちょっとエロい。笑

 

 

2012年3月31日
明け方からの大嵐の中、ココア男。ラストライブが川崎ラゾーナにて行われた。
13時から開始し、ライブやトークが約1時間半行われたあと、21時の川崎ラゾーナの使用許可時間ギリギリまで計6時間の握手会が行われた。
この日をもって、約2年間の活動に終止符をうち、多くのファンに惜しまれながら解散となった。

 

忘れもしない、大嵐の日。

カメラは倒れるは、後ろの幕はスタッフさんが抑えなきゃだわ、で史上最強の日だった。泣いてるのに笑ってて、笑ってるのに泣いてて。そんなメンバーとファンが居た。創り上げてきた2年間の総まとめの日だった。

井出さんにとって、ココア男。はターニングポイントにだとわたしは思っている。自由にやらせてもらって、挑戦もたくさんして、『自分のやりたいこと』を見つけたのかなって。そんな2年間の締めくくりの日だった。


10月12日 
MEN'S NATION MUSIC LIVEにてTakuya IDE feat友達以上恋人未満としてココア男。のメンバーである鎌苅健太細貝圭・鈴木勝吾が登場。
そこで、2015年3月15日 5年前ココア男。が結成となった日に、ココア男。1日限定復活するということが発表された。

 

卓也くんにしか呼べない友達以上恋人未満。

井出さんのパフォーマンスを、見守る3人の姿が、なんだか懐かしくて、ほっこり。

そして発表。まさかそんなに早くその時が来るなんて。ってそればっかり。嬉しくて幸せで、わたしの青春が戻ってきた!!!ってとにかく嬉しい。

井出さんがa-nationの時の、自分の発言を形にしてきた。さすがだ。

 

2015年3月15日 新宿BLAZEにて
「心愛祭~いまさらだけどココア男。の「。」っている?~」を開催
ライブに加え、ノンフィクションを交えた演劇、ソロコーナーなどを行った。

 

チケットが激戦だった心愛祭。

5人が、ココア男。でいるあの空間がとても幸せだった。ただ、わたしは井出さんの笑顔が少なくて不満もありましたけど!笑

プロデュースする側に回った卓也くんが、そっちに気を取られてたことが多くて、ちょっとだけ残念だった。

でも、これが認められて次に繋がったんだなーって。ここから、龍雅に繋がるわけだ。

 

という、わたしの主観たーっぷりの、ココア男。について、でした。