読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

井出卓也くんのファンをしています。

俳優でありタレントでありアーティストである、井出卓也くんのファンが職業()なただのOL の活動日記。

2016.5.28 RADIO JACK!!!!!!!!!'2

 たくわんぶろぐ2です。

アメブロからの移行と加筆。

 


≫Honesty

Honesty

Honesty

  • Takuya IDE
  • J-Pop
  • ¥250

1stからずっとやっているHonesty。
井出さんが憂いを帯びた感じで歌うのが見れるのが嬉しい。軌跡までブチ上げな感じで攻めていって、一瞬でガラリと変わるところでこの曲かーーー!って感じ。サビの部分の卓也くんのあの雰囲気がめちゃめちゃすき。ちょっとつらそうに歌うの。それがすき。


≫Yesterday

Yesterday

Yesterday

  • Takuya IDE
  • J-Pop
  • ¥250

Honestyからこれいく?!?って感じで
イントロ流れた瞬間、胸がぎゅううってなった。∀FFECTIONの井出さんを思い出す。卓也くんの溢れるほどの表現がとても重い。から私はとても好き。
少し大人の卓也くん、誰か一人の大切な人を想って歌う、そんな大人な卓也くんの立ち位置がとても素敵。

井出さんのライブって今までの曲はどちらかというとぶち上げな曲が多くて、いえーーーい!って聞くことが多かったけど、何だろう、一瞬一瞬の卓也くんの表情だったり、表現の力を逃したくないって思わせる曲。
だってね、綺麗なんだもん。
憂いがあって、1人ステージに立ってスポットライトが当たるの。あの瞬間、卓也くん1人になったみたい。愛おしくて苦しくて悲しくてってそんな風に歌う井出さんがとっても綺麗で美しい。アーティストとして歌うのはもちろんだけど、俳優としての力を見れる気がしてたのしい!でもやっぱり胸がぎゅううってなる。それは多分これから何度聞いても変わらない。


≫Sokubaku

Sokubaku

Sokubaku

  • Takuya IDE
  • J-Pop
  • ¥250

かーらーのSokubaku!
Honesty、Yesterdayっていうちょっと落ち着いたしっとりした曲から
まさかSokubaku持ってくるとは!
いーーーやテンション上がったーーーー。あやの先生との絡みのあるダンスが好きだったから、あ、今回はないのねってちょっと残念な気持ちになったんだけど、いーや井出卓也1人であの色気出してくるとか反則!なにそれかっこいい!すき!って感じでYesterdayから一気にテンション変わった。YesterdayからのSokubakuって想像出来なかったなー。どちらかというと逆の方が想像つく。それをぶち壊してくる感じがまたかっこいーーーー。井出さんのセトリって、やっぱり!ってところと、うそここでそれいく?ってのがあって面白い!感情揺さぶられてばっかり。これこそ井出さんでいっぱいのライブって感じ。全部の感情コントロールされているみたいSokubakuはなんといってもエロさ。(笑)卓也くんの22歳の時の雰囲気からやっぱり変わったなーと。魅せることがとても良くて、私的にはもう…!ってニヤニヤしちゃう。龍雅があって、変わった部分は強いんじゃないかな。

 

≫YOU-TRICK

YOU-TRICK

YOU-TRICK

  • Takuya IDE
  • J-Pop
  • ¥250

Sokubakuからのこれもまた想像できなかったー!ゆとりなめんな!はい最高!
いつ見たってこの時の井出さんは挑戦的。ドヤ顔というか、なんだろう、ははんって笑いそうな感じ。あーすき。
Honesty、Yesterday、Sokubakuってどちらかというと煽りという煽りがないから、一気にここでもっていく感じが最強。休んでんじゃねーぞって感じ。いや休んでないけどね?

『あああああ うるせえ!』ここすきちょう好き。


いやーーーこの人応援してるの本っ当に楽しいって思える瞬間。笑
卓也くんって、なんだろう応援してて楽しいんだよね。本当に。あーこの人の考えてることってどんなことなんだろうなーって思う瞬間が沢山ある。この曲はその『考えていること』がはっきり分かってすごいたのしい。でもってそのがつがつした感じ最強。わたし井出さんの貪欲なところがだいっすきだから、この曲は分かりやすくそれを感じることが出来るからすき。魅せ方もとにかく強いし挑戦的。分かりやすく挑戦的。他のガツガツ系とはまたちょっと違う。Vintageが虎視眈々と狙う感じなら、YOU-TRICKは全面的。


感情の振れ幅が大きい4曲。
上げられて、胸が締め付けられて、って。卓也くんの曲を聴くと、生で聴くと、その曲が配信された時のこととか、ライブで聴いた時のこととか、いろんな事を思い出す。あーこの曲を初めて聴いた時はこんな時だったなぁ。あんな風に歌ってたなぁ。あんな卓也くんだったなー。って。卓也くんの曲は、その時の卓也くん。等身大の卓也くんだから、その時を思い出す。そして変わったことと、変わらないことに愛おしさを感じるんだー。


次はシークレットゲスト。
卓也くんの神様について。

 

》シークレットゲスト
Mummy-Dさん

卓也くんの神様。
最高はひとつじゃないで共演したところから生まれたご縁。すごいーなんかすごいーーー。何より井出さんのMummy-Dさんに対する愛のすごさ!それはもうゲストタイム前の映像の時点からめっちゃ伝わってくる。すごい。

 

≪映像≫

ラジオジャックが尊敬する人ってことで、RHYMESTERのラストヴァースの紹介。
からのラップ

 


ぜひそのラップは卓也くんのブログへ
RADIO JACK(たくわんぶろぐ2)|井出卓也オフィシャルブログ「POP LIFE」Powered by Ameba

 

かっこいいです。
なんか、なんといっても安く聞こえる気がしちゃうくらい。かっこいい。

 

で、登場。
めっちゃ色気ある。かっこいい。素敵なおじさま(あれ失礼?)なにより卓也くんが楽しそう。すっごい楽しそう。めっちゃすきなの伝わってくる。


≫そしてまた歌いだす

そしてまた歌い出す RHYMESTER - 歌詞タイム

 

初めて聞いた。
今思い出しても、卓也くんの強い思いが伝わってくる。卓也くんのブログも読んでほしい。さっきのと同じだけど読んでない人のために再度載せる。笑

RADIO JACK(たくわんぶろぐ2)|井出卓也オフィシャルブログ「POP LIFE」Powered by Ameba


グループじゃなくなったら歌ってはダメなの?
俳優だったら歌ってはダメなの?

そう!これ!これなの!!!!!!!!

私は井出さんを好きになったとき、
彼はココア男。でキーボードを弾いてた。好きになった日に卓也くんのブログを読んだとき、キッズモデルであり、タレントだった彼を見た。

好きになって2か月経たないくらいで、原宿のライブハウスでみた彼はラップを歌っていた。その数か月後には俳優業をしていた。

 

私の中での卓也くんは、
俳優さんであり、アーティストであり、タレントであり、つまりは表現者だ。

枠なんてないし、彼はグループの一人であり個人でもあった。ココアの井出さんであり、龍雅の井出さんであり、個人の井出卓也でもあって、どれもすべてが井出さんなの。どんな仕事でも卓也くんは、常に何かを伝えようとしてくれている。

 

伝えたいことを伝える術として
演技がある
歌がある
ブログがある

舞台があり、ドラマがあり、
バラエティーがある。
ソロがあり、グループがある。


でも中々その理解はして貰えない。
中途半端だと思われることがある。

 

『井出さんって何が本業なの?』

『俳優なのに歌もうたってるの?』

『何がしたいの?』

 

聞き飽きるくらい言われた。
とりあえず色んなことやってる。
中途半端。
そんなのわたしですら言われ慣れるくらい言われた。

 

違うんです。
卓也くんにとって、どの仕事も全部が本業なんです。
表現することが彼の仕事だ。


わたしが井出さんのことを本当に好きだと、応援したいと思ったきっかけの言葉があります。

 

色んなことで『すげぇ!』って思わせたい。そこに壁は作りたくない。
1つを極めることは素敵だけど、全部できたら1番すごい!っておもう。
バラエティーも歌も芝居もダンスもすきだから、若いうちは全部やりたい!
需要があれば百点満点出したいし、自分で需要を作り出す人間にならなきゃいけない。
若いうちは、色んなことに食らいついて、たくさんの人を惚れさせたい。

 

なーんてニュアンスのことを卓也くんが言ってたんです。


わたしにとって、卓也くんの根本はこれだと思っています。卓也くんの根っこはここ。だから、やりたいことは全部やるし、来た仕事に常に全力。
需要があるなら越えてこなす。

中途半端なんかじゃないんだ。
卓也くんは常に全力なんだ。

需要があればそれに100%を出したい
需要を作り出す人間になりたい

これが、わたしが井出卓也という人間を本気で応援したいと思った理由。

 


わたしは卓也くんのブログがすきです。
twitterでは伝えられない想いがあるから。卓也くんの言葉で書いてあるから。
でも、伝われって強い気持ちが表れてるから。たまに無いけど。笑

わたしは卓也くんの演技がすきです。
ヘッタクソだった時から、どんどん変わっていった。卓也くんの悔しさとかやってやる!って気持ちが見えるから。
役を大切にしながら、自分がその役をやる意味を考えてアレンジしてくるから。

わたしは卓也くんの書くリリックがすきです。いつだってその時の卓也くんの等身大だから。飾らない言葉で、ぶっこんでくるから。

卓也くんの声がすき、歌い方がすき、魅せ方がすき、自分の想いを表現する卓也くんがすきだ。


今回はワンマンライブってことでソロとグループってことが中心になるけど、それだけじゃない。

需要があるならいつだってそれをしてる場合だし、需要を作り出すために必死になってる場合だし、ファンがいる限りステージに立ってる場合だし、これからファンになる人がたくさんいるんだからステージに立ってる場合なんですよ。

そしてステージに立つ井出卓也がいる以上、わたしは彼を応援するんです。

そんなことを思ったこの曲でした。

また話それたなぁ。
まとめるの下手くそ。。

 

ってわけで
》MC

ずっとにこにこしてるし、ずっとDさんの方見てる卓也くん。笑
『わあ~~~~神様だ~~~~』ってDさんのことばっかり見てて、
なにこれーーーーめっちゃかわいいーーーーーーかわいいーーーー
えーーーーかわいいーー神様前にすると卓也くんただのわんわんじゃん。
って感じで見てた。かわいい。

さっきまでかっこつけてたのに。かわいい。最高はひとつじゃないの稽古場を見た気がした。稽古外だと卓也くんこんな感じだったのかなあ。かわいい。かわいいがゲシュタルト崩壊する。本当に尊敬しているんだろうなあ、と。すきすきすき!ってしてる卓也くんが本当にかわいかったんです。はいふんブログとかで卓也くんのすき!ってテンションはよく見るし、想像はできるけど、実際生でみるとあふれ出るすきすきオーラ。

最高はひとつじゃないの時にすごく感じたことがあって、卓也くんって『すき』だったり『尊敬』って気持ちを全面に出すのがとっても上手で、それを自分のやりたいにつなげることがすごく上手だなあって。わたしはそこがすき。

熊井さんだって、Dさんだって、自分の大好きー!って気持ちを全体的に出して
ご縁を結んで、実にした。すごい。『すき』って気持ちの出し方が上手だし、好きなものに対する想いの強さもすごい。
すきになったら突き詰めたい人だし、それをお仕事だったり、自分のことに繋げようってする。そこがすき。違うな、そこもすき。
文章にすると、卓也くんのここがすきだな、ここもすきだなってことたくさん出てくる。
根本的に考え方がすきなんだけど、でもその考え方って細かくて、その一つ一つが自分の中でもたくさん落とし込まれていく。まあわからないことの方が多いし、井出さんて『井出卓也像』を結構考えて固めてきている人だから、その作りかためられた像なんだろうけど、でも私ってその作られた井出卓也像がすきだし、像を作り上げている井出さんがすきなんだなーなんて。何言ってのか分からなくなってきた。


じゃなくて、MCのことに戻ります!
Dさんってすごいなーかっこいいなーって思ったのが、卓也くんのライブに出て欲しいって交渉した時の話。

井『出てくれませんかー?ドームでもアリーナでもないんですけど…』
Dさん『いいよー、俺お前から金取ろうとか思ってないから』

と快諾して下さったそうな。
え?かっこよすぎない?え?

さらりと返す言葉がこれ?え?かっこよすぎない?え?無事?
卓也くんは確実に無事じゃない。より惚れてる。いやもうあの空間にいた人は
神様…!!!!って卓也くんみたいになったはず。笑


》サマー•アンセム

Dさんと卓也くんで 夏を呼んだ。
とにかくとにかく楽しそうな卓也くんと、それを優しく見つめるDさんの姿が印象的でした。
なんか、なかなかあんな姿見れない。から、とても新鮮だった。
初めて聞いた曲だったんだけど、楽しそうな卓也くんに、Dさん熊井さんって卓也くんが尊敬する神様との時間ってのが、なんだかとても嬉しくて、幸せだったなぁ。

わたしはおそらく井出さんをすきにならなかったらRAPは聞いてないと思う。でも、井出さんをすきになって、出会った。そのジャンルに。そしてそのジャンルを創り上げた人に会えた。生で聞けた。それってすごいことだよなぁーと。なんて、幸せなことなんだろうね。

井出さんにRAPという表現の仕方を見つけさせてくれたDさん、そしてRHYMESTARにありがとうございます!って感じ。

もっとたくさん聞いて、飲み込みたいなぁ。

 

》∀FFECTION

 

∀FFECTION

∀FFECTION

  • Takuya IDE
  • J-Pop
  • ¥250

去年の年末に初めて聴いた曲。

Dさんのゲストの後にこの曲歌うってところが、井出さんだなあって思った。

曲スタートした瞬間、井出さんの顔が変わるんだ。なんて表現したらいいのかな。胸が苦しくなる。すごい辛そうに歌うから。

いつもの井出さんの歌詞はすごく分かりやすくて、井出さんのストレートな感情が心に刺さるんだけど、∀FFECTIONはどちらかというとオブラートに包んだ井出さん苦しいとかやってやるって気持ちが伝わってくる。からなんか泣きそうになるんだ。もがいてて苦しくて辛くて、でもやるしかなくて、そんな気持ちが伝わってくる。見ていて苦しくなるけど、でもそれが今の卓也くんなんだな、ってそう思う。

10年後とかに歌うと雰囲気は変わるのかな。

 

》MC

∀FFECTION終わりにMCがあって良かったなーーーーー。(笑)ってのが最初に思ったこと。

ふぅ、って感じでお水飲んで、なに話そっかーみたいな感じから、あ!みんなまだ俺の名前呼んでないんじゃん?って、、え?!!!?!今ここでやる?!え?やる??ってなってワタワタしてたら井出さんが

/

だーーれだ

 \

って。そう言ったんだ。そりゃもう涙声になりながら叫んだよね。全力で叫んだよね。

/

たーくや!!!!!!

 \

 

って。だってずっとずっと封印してきた。それを言ったら、何年間もの想いが溢れてくるから。ずっと井出さんが封印してた、ココア男。の時のコールアンドレスポンス。それが、だーれだ、たーくや。

龍雅になった時、卓也くんが決めたこと。それが、だーれだのC&Rはしない。それはココア男。を思い起こすから。龍雅は別だから。聞きたいって思ってたけど、井出さんの考えが分かるから、ずっとお預けされようって思ってた。のに、聞けて、嬉しかった。本当に嬉しかったんだ。

で、すかさず卓也くんの

/

せくしーーー

 \

がきて、笑っちゃった。

/

ぷりーーーんす!!!!

 \

ってもちろん叫んだよ。

 

片方しか言えなかった人〜?って言いながら楽しそうで、その姿が愛おしかったんだ。

わたしは、今その瞬間の井出卓也が好き。日々アップデートして良くしていくんだって、卓也くんからそれが感じられるから、日々その瞬間の井出卓也が1番かっこいいと思ってる。でもそれには、過去が全部あってこそで、今の卓也くんがかっこいいのは、それまでの一瞬一瞬が積み重なってあるから、そんな風に両方大切にする卓也くんが愛おしくてたまらなかった。

 

って感傷に浸ってたら(いや実際はC&Rやりすぎててあんま浸れなかった)、あ!ファンサしなきゃ!ってなって雑なファンサの嵐(笑)

井出さんの塩対応こそが至高だと思ってる井出卓也ファンだから、はいはいはいって思いながら見てました。懐かしいね。卓也くんの塩対応で盛り上がりすぎて、井出さんもしかして気を使った?!ってなるファンサをされてみんなで困惑したのもいい思い出です。

 

あと蟹座の話!

どんな流れだっけかな。井出さん宛に何故か蟹座の星座占いが届いたって話。井出さん蟹座じゃないんだけどね。悦子ママさすがですね。井出さんのお母様のキャラクターほんとすきです。(笑)果たしてなぜ蟹座だったのか。それだけが気になるところ。

 

》イクサイティングバラッド

きたーーーーー!!!!!!ほんっっっとすき!イクサ!!!!急いで金ブレ真っ赤に!!!!!!

井出さん初主演舞台である、真田十勇士の曲で、劇中にも流れる曲なんですが、なんといってもテンポ、リリック、そして思い出蘇り!最高!!ガツンとテンションが上がる!!!

井出さん本人もかなりテンションが上がるのか髪の毛振り乱して歌う姿が素晴らしくかっこいい。楽しい。ギターのサウンドがかっこいい。からぜひみんなに聞いて欲しい。多分サントラももう公式では売ってないから、ライブで生で聴いて!ください!!!!!!!

 

》Magic number

ここでこれ持ってきちゃう?!ってイクサからのMagic numberはやばい。()

井出さんの未配信曲で、super starの次に古い曲。昔からのファンからとてつもない支持を受ける曲。

そして、コールアンドレスポンスが楽しくて、曲がノリやすくて、音に合わせて体揺らしたりペンラ振るのが楽しい。

未配信なの悲しいけど、なんかなんだろうね、ライブでしか聴けないというのも楽しいなってそう思わせるくらい盛り上がるし、みんなで一体感を感じる曲。

 

》Super star

Super star

Super star

  • Takuya IDE
  • J-Pop
  • ¥250

いや、泣く。泣く。泣く!!!

21歳の卓也くんが、これが俺のやり方って、これが俺の考えだって、そう伝えてきたあの日が常にあって。その曲を、25歳の卓也くんがまっすぐに歌う姿ががとてもかっこいい。この人の芯なんだろうな、軸なんだろうなって、そう思ったあの日があって、そこから5年経っても、【卓也くんの軸】なんだってそう思えることが幸せだし、卓也くんのぶれないところがとてもすきだと強く感じる曲。

わたしのすきなところがたくさん入ってる曲。歌詞としてあるけれど、Super starにある卓也くんの考えは、ブログだったり雑誌だったり、いろんなところに散らばってた。好きだなぁ。この人のこういうところが。ってそう思ったところが、たくさんぎゅぎゅっと凝縮されてる。Super starを歌う井出さんは、覚悟が感じられる。そのまっすぐな目がとてもかっこよくて。強くて優しくてちょっとお茶目で、井出卓也が凝縮された曲。かわいいんだ。そんでもってかっこよくて強くて優しくて、たくさんの卓也くんを堪能出来る。

 

【目指す先は super star】

 

みんなで すぱーすたー!!!って叫ぶのが楽しい。卓也くんから覚悟が感じられるように、わたしもなんか強い気持ちになる。

かーーらーーーの!

 

》コンプレック

コンプレックス

コンプレックス

  • Takuya IDE
  • J-Pop
  • ¥250

えええええ!!ここで?これ?いく!?!?!まじか!?って思ったけど正直わたしsuperstarからのコンプレックスの流れ好きすぎて個人的にやってたセトリ!!なの!!!!まじかよ!!!!!ってテンションぶち上がったし、思い出補正無しにした時、この曲が1番好きだからもうなんか最後まで卓也くんの世界観から逃さない感やばすぎて!!!!全力!!!!

とにかくリリックがかっこいい。かっこいいかっこいい!!

 

【唯一得た財産の名は表現】

唯一無二の井出さんの表現がこの曲にあると思う。からとてもすきだ

リリックを1つずつ噛み砕いて歌うような井出さんの表情がとてもすきだ。

でもって、ライブで初披露だったんだけど、井出さんがまさかの やばいくらい毎回半端ない おれは。のおれはを【たくや!】って!!!!
半端ないやつの名前叫べ!って煽ってきたからもーーーーすごい必死に た!く!や!!!!!って叫んだ。

これ、今後のライブもだなーーって楽しくなってニヤニヤしながらみんなで顔見合わせて叫んだ(笑)

 

コンプレックスで終わりだと思わなかったからびっくりだったなーー。


ってなわけでここからアンコール!
3rd liveの時に決めた、アンコールは『たくちゃん!』
確か、米原さんの『こうちゃん!』が羨ましくて、たくちゃん!がいいって言ったんだよね。
もう少しアンコール合うようにしたいなぁと思ったけど、まぁ少しずつ。

ま、でもRADIO JACKの声が聞こえてからはどんどん煽りに行くから、結局はいい感じに、、!


》青春応歌

青春応歌

青春応歌

  • ココア男。
  • J-Pop
  • ¥250

アンコールでのこーれーは!こーれーは!まじか!!!!って。嬉しすぎちゃう選曲!!たまらん!!!!!
ココアの時もなんだかんだ、このままじゃ終われねーよなあああってなって持ってくることがあったこの青春応歌を、このタイミングでやるのは、もう笑顔いっぱいになれちゃうやつ!!
けんけんと卓也くんが、とにかく楽しそうで、楽しそうで楽しそうで、こっちまで幸せになれてしまう。お互い見合って歌ったり、なんかじゃれ合ったり、あの空間が本当に最高だった。
ココア男。でいる鎌苅健太井出卓也とはまた少し違って、それがまたなんだかとても愛おしかった。

 

》MC
グッズの話をチラッと。
パーカー作ってやったぜ!!って約束を叶えてくれてありがとう。ENSOGOODの時に出してー!って言ってから約1年、嬉しかったなぁ。(1号車は要望多かったね笑)
卓也くんにハグされるような、そんなデザインのパーカーと、かっこよくていつでも着れるようなTシャツ。たくさん着て洗って、ビンテージ感出してねってことだったけど、卓也くんのお顔がはがれてくの、わたしは怖いんだが、、(笑)
あと、井出卓也押しタオル!!年末の∀FFECTION同様、絶対卓也くんのチョイスじゃないって思ったら、やーっぱり!笑
龍雅の現場にも持ってきていいよ〜って言ってたけど、ちょっと見えない感じが良いらしい。笑

あとなんだっけかなー。ってそうブログの話だね。たくわんぶろぐ書いたら悦子ままさんとかマネさんが見るよって話。時間差であげ直し且つ加筆だから、悦子ままさんとマネさんは見なくとも、わたしは新しく卓也くんのファンになった人が居た時に、ワンマン行くか悩むなぁ、どんな感じなのかわかんないなぁってなった時の後押しになれば嬉しいです。元々このブログを書き始めたのは、自分の記憶は限界があって、日々忘れて行くからそれを止めたい。思い出してあんなことあったなーって言いたいと同時に、新しく井出卓也を知った人に、彼はこんなに素敵な人であると、魅力が少しでも多く伝わって欲しいと思ったのがきっかけです。だから、主観たっぷりで申し訳ないけれど、こんな風につらつらと書くわけです。

って話が逸れた。


ブログの話から、今日を最高のLucky Day に!!!!と最後の最後にもう一度。

 

》Lucky Day

Lucky Day

Lucky Day

  • Takuya IDE
  • J-Pop
  • ¥250

Lucky Day[ショートver.] - YouTube

この曲から始まってこの曲で締める。最高の1日は、Lucky Dayにしてやるよって卓也くんの強い想いが伝わるこの曲からスタート。最後の最後までLucky Dayに!!ってそんな想いが伝わってくるような強くて楽しいラスト一曲でした。
一分一秒休ませない、そんなRADIO JACKだったと、この曲のことを書いていて思う。
会場全体を見渡して、全員で楽しむ瞬間を作ろうとする、そのために自分が1番楽しもうとする井出さんの姿が、本当にかっこ良くて、この人をすきになれて幸せだと思ったし、この人をすきな、大好きな人たちと応援できることが幸せだと思った。

ただただ幸せを噛み締めるLucky Dayでした。

 

=======


そんなこんなで汗だくになりながら、満身創痍完全燃焼で終わったRADIO JACK。3rd liveからかなり時間が空いてのこのRADIO JACKは、井出さんのこだわりが満載のワンマンライブでした。
今の井出さんが魅せる、最高のものだった。当たり前のように、どこも手を抜かない、来てくれた人に最上級のエンターテイメントを魅せようとする強い想いが込められてた。

 

だから、いつ思い出しても鳥肌が立つ。そんなライブだった。むしろそれでこそライブなんだけれども。

 

どれだけのものを期待していっても、井出さんのライブはそれを越えて行くから凄い。決められた時間の中で、どれだけのものを魅せられるのか、限界を越えて行くから素晴らしい。今回は特に事前にハードルを上げていたけれど、それをも越えていったなー。
歌、ダンス、セトリ、構成、ゲスト、衣装、どれをとっても最高だった。


ライブに行くって多分すごい労力だと思うんです。お金も掛けて、時間も掛けて、そのためにバイト頑張ったり、シフトずらしたり、家族の許可を得たり、お仕事のおやすみの調整したり。それってすごい大変なことで、でもそれを頑張れちゃうのって、卓也くんがすきで、卓也くんのライブにそれをするだけの価値があると当たり前のように思うからだと思うんです。
それって、凄いことだよなー。

井出さんが日々、わたしたちファンに自分の創り上げてきたものを魅せてくれるからだなーなんて。そしてわたしたちもそれを信じてるからだよなーなんて。

 

ワンマンライブって色んなことを考えるきっかけになるからとてもすき。たくさんの人に、井出さんの作り上げる空間を見てもらいたいし感じてもらいたいなーって思うから、わたしはこれからも細々とこんなブログを書くんだろう。

 

少しでも井出さんの魅力、

Takuya IDEの魅力が伝われば幸いです!!

 

卓也くんを応援出来て幸せです。

卓也くんをすきな人で埋まるあのワンマンの会場がとてもすき。

 

5th liveに期待を込めて!

以上たくわんぶろぐ2でした〜!

 

井出さんによるたくわんぶろぐ2はこちら。

RADIO JACK(たくわんぶろぐ2)|井出卓也オフィシャルブログ「POP LIFE」Powered by Ameba